アンダー・ヘヴン計画

世界統一を成し遂げた人類連合により、ロゴスドーラにより居住地域がなくなりつつある
人類の最後の望みを託して行われた巨大プロジェクトであり、
約一万人収容の巨大地下都市を50都市建設し。人類の存続を行う計画である。
都市とは言えど大半の住民はバーチャルマシンによって仮想世界で生活を送り、
エネルギー消費を最小限にすると共に仮想世界での快適な生活が送ることができる。
都市メンテナンスや管理には、希望者の中から試験によって選抜された18歳の若者が
約10年間の任期で担う。彼らは辛い現実世界で働く見返りとして、任期終了後は都市管理の
中核となれるので人気が高いが、出世欲のない者達は現状でも快適だと志願しない者も多い。
都市のエネルギー源は地層深くの地熱やマグマから取られ、長期の使用でも発電設備に不備が
無いように、幾重にも冗長化された上で修理技術の継承の徹底化が行なわれた。
また、万が一都市住民が全滅した場合をも想定し、外部センサにより地表が生存可能な環境になったと
判定された場合人口子宮により人類を再生させるようなシステムも備えられている。
隣接する都市間はリニアで結ばれており、都市機能に復旧不能なダメージが発生した場合に
近隣都市へ避難出来るようなシステムも備えられている。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-02-07 (日) 04:37:30 (1692d)