エデン教

紀元前1100年頃、カッサンドロスを教祖として開かれた宗教
カヴールに続き唯一神であるエデン神がカッサンドロスの元に降臨し、新たな経典を授かったとされる。
長年細々とオシャン付近にて信仰される土着宗教であったが、紀元前600年頃に勢力を爆発的に増加させる。
紀元前500年頃にはエデン教を中心としたとするアルバヌス魔法王国を作り上げ、500年もの間カヴール教と激しく戦うこととなる。
長きにわたる争いの果て終魔戦争を引き起こし、信者の95%以上は死に絶えてしまう。
スタファイム魔法王国が終魔戦争後も約250年残り、カヴール教も極一部の宗派が生き残ったのに対し
アルバヌス魔法王国は人類を主導とするネザール皇国によって早々に滅ぼされてしまうが
魔導師と人が共に歩むべきであるとするネザール皇国内で僅かながらに信仰を続けていた。
しかしながら、最終的に魔導師の抹殺を掲げるレジエント帝国により魔導師もろとも地上から消え失せてしまうこととなる。

関連項目


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-02-07 (日) 13:13:53 (957d)