テクスタ・ルーレット帝国

テクスタ・ルーレット帝国とは1581年~1626年まで独裁政党サハーカを中心とした国家
広域にはサハーカが政権を取った1573年~1581年
もしくは継承国家としての神聖テクスタルーレット帝国時代(1626年~1655年)を含む場合もある。

年表

前史

1533年テクスタ・アラモンド、ダラスで誕生
1556年ファシスト政党「サハーカ」結党
1563年テクスタ・アラモンドがサハーカ党首に就任
1565年ダラス大震災発生
1566年テクスタ「軍備拡大論」発表

創成期

1573年サハーカ、総選挙により過半数の議席を獲得し、与党に
1573年テクスタ・アラモンドがルーレット共和国第72代大統領に就任
1576年「ホロエゾ併合条約締結」ルーレットがホロエゾを併合する
1577年テクスタ、大統領選挙に圧勝、二選目に入る
1580年議会の圧倒的賛成により、大統領職と首相職を合併し総統職を作る

拡大期

1581年テクスタ・アラモンドが初代ルーレット共和国総統に就任
1581年ルーレット共和国、テクスタ=ルーレット帝国に国号を改称
1582年政党活動を総統による許可制にする。事実上の一党独裁制へ
1584年マーベチック王国とルーレット軍事同盟を締結、直後にレトンも加盟
1588年テクスタ=ルーレット帝国、アクアトンネルを超えてエラブルへ侵攻、
エラブル戦争が始まる
1589年マーベチック王国、ルーレット同盟を理由にエラブル戦争に参戦する。
1589年エラブルシティ陥落
1595年テクスタ=ルーレット帝国、ゴルモア連邦と断交、無条約時代に入る。
1596年テクスタ=ルーレット帝国、グルップリンへの奇襲攻撃、
ゴルモア連邦に宣戦布告、大陸戦争が勃発する。
1599年北方2島を除くエラブル国全域を制圧、
北方2島はゴルモア連邦へ加盟し、エラブル戦争が終結する。
1600年ゴルモア、首都ドロント陥落、臨時首都をロフトに移す。
1601年テクスタ=ルーレット帝国、ルーレット地方最東端のスマールナルティカナルティア諸島を占領、
レベット侵攻の拠点とする
1602年テクスタ=ルーレット帝国、レベット地方のウィール島に侵攻、
他のレベット地方の都市はレベット条約により団結し、ルーレットに立ち向かうことを宣言
1605年ハリナロ陥落
1609年大陸戦争泥沼化により、停戦が結ばれる。
1615年ウェットシティ陥落
1621年オシャン包囲戦の末、テクスタ軍が撤退する。
1624年テクスタ終身総統死去。

衰退期

1624年テクスタ総統の死によりレベット戦争が停戦になる。
1624年2代目総統として就任前日にスリトーア・レ・ルーレットが暗殺、
ファンテット ・レ・ルーレットが2代目として総統に就任
1624年テクスタ=ルーレット帝国は民主化を求める民主派と総統の息子が
新総統に就任すべきとの皇帝派に分裂、大規模な内戦へと発展してゆく
1625年マーベチック、ルーレット同盟を破棄しルーレット内戦へ干渉を始める。
世界大戦が始まる。
1625年革命軍とマーベッチック軍がユヒガを占領。魔法研究所の存在が明らかに
1625年テクスタ=ルーレット帝国の植民地地域を暫定的にホロエゾ国として独立させる。
1625年ゴルモア連邦、内戦の鎮圧という名目でホロエゾ国に侵攻、ドロントを奪還する。
1626年ホロエゾ国、テクスタ=ルーレット帝国を裏切り宣戦布告
1626年ゴルモア連邦の手によりエラブル国が再独立
1626年テクスタ=ルーレット帝国、神聖テクスタルーレット帝国へ改称
1627年ルーレット内戦、停戦。世界大戦が終わる。
1654年テクスタⅡ世暗殺事件発生、各地方の軍閥同士の内戦へ
1655年内戦激化による干渉連合軍が介入し内戦が終結、旧テクスタ領はゴルモア・ルーレット・エラブルの3カ国に分割される。
この時を持って74年に渡るテクスタ=ルーレット帝国が消滅する。

歴史

誕生から政権奪取まで(1556~1573)

テクスタルーレット帝国の中心政党サハーカは1556年結成されたが
結成当初は再軍備化やホロエゾ併合、エラブル侵攻などをマニュフェストに抱えており、
エラブルからの不法労働者の増加によって一定の反エラブル派からは支持されていたが
一般的には時代錯誤として全く相手にされていなかった。

しかし1565年にダラス大震災によってルーレット共和国首都ダラスは壊滅し、
ダラス市民の1/3の250万人が死亡し、臨時首都として
ユヒガに遷都するまでの非常事態となった。
しかし諸外国は世界一の都市の崩壊による経済の大混乱によってルーレットに
援助する余裕は無く、そのことが逆に国民に諸外国に見放された、
という排他的感情を抱かせることになり、またサハーカは震災の復興と
軍需産業の拡大によって景気を回復する案を提案し、着々と人気を集めてゆき
ついに1573年総選挙によって過半数の議席を獲得し、同時にテクスタ・アラモンドが
ルーレット共和国第72代大統領に就任した。

政権奪取からエラブル侵攻直前まで(1573~1588)

テクスタの大統領就任3年後にはホロエゾと「ホロエゾ併合条約」を結び半ば強引に併合締結直前に最後通牒を突きつけてくるという強引な併合であった。ゴルモア政府は強行的手段に対する制裁としてホロエゾ~グルップリン間の海底鉄道トンネルを強引に封鎖(後の大陸戦争直後に海底トンネルは爆破されることになる)対するルーレット政府もナズア海峡への軍艦派遣による制海権の確保やナズア島(ゴルモアとの国境の島)に戦略ミサイル基地を建設した。
またテクスタの大統領就任以降創業者と親戚という理由でプレケイト製薬との癒着が始まり、1577年にかつての魔族の生き残りであるケルリスを発見した際も政府の支持によりプレケイト製薬本社ビル内部に監禁し、秘密裏に魔法技術を研究していた。
1580年、ヴィリウム首相の死をきっかけとし、議会の圧倒的賛成を得て大統領職と首相職を合併し総統職を作り、テクスタは初代総統に就任、また国号をテクスタ=ルーレット帝国に変更、またテクスタ自身の名前もそれと同じに改名する。
このときテクスタは「私は国家と一心同体となる」と演説で語っている。
82年には政党制限法が成立し、政党の存続には総統の許可が必要となり、実質的なサハーカ一党独裁(衛星政党はいくつかある。)となる。
その後来るべきエラブルとの戦争に備え、西部で国境を接するマーベチック王国と84年に軍事同盟を締結する。

エラブル侵攻からエラブル戦争終結まで(1588~1599)

1588年12月21日早朝、帝国軍は突如エラブル共和国に対し国交を断絶、宣戦を布告し、わずか2分後アクアトンネルを超えてエラブルへ侵攻を開始した。国境の町エストールを1週間で攻略、翌年の2月には軍事同盟に基づきマーベチックもエラブル戦争に参戦、ダルノーを空襲の後占領し東部へと進行して行った。
連合軍は89年の10月にエラブル首都エラブルシティーを陥落させたが、ゲリラ戦へと発展してゆき戦況は泥沼化した。
一方でゴルモア連邦とも95年に国交を断絶し、準戦闘状態へと突入していった。そして96年8月10日朝6時帝国空軍はゴルモア最西端の都市グルップリンを奇襲攻撃し大陸戦争が勃発した。しかし大陸戦争についてもグルップリンは1ヶ月で陥落させ制圧したものの、ゲリラ活動やレジスタンス活動がエラブルの比にならないくらい強烈かつ強力な武器を持っており、切り札的存在の空中戦艦「怒竜」がドロント空襲へ行く最中レジスタンスの対空砲火によって撃墜されたことは帝国民に大きな衝撃を与えた。
1599年にはようやくエラブル全土のゲリラを駆逐し、総統によるエラブル戦争終結宣言が出された。
また参戦時の条約によってマーベチックにノグリギ-マス間(エラブル東部)を参戦の代価として正式に割譲した。(それ以前からマーベチック軍によって占領下にあった。)

エラブル戦争終結から総統の死まで(1599~1624)

エラブル全土征服後も、ゴルモアでは激戦が続き、1600年に激戦の末にゴルモア首都ドロントを陥落させたが、街は廃墟と化し、ゲリラが激しく交戦するという惨状となり、総統は抵抗の激しさを知りこれ以上の南進を断念、レベット方面への侵攻を決意する。
ゴルモア連邦側はドロントからロフトへと首都を移転させ、要塞化させた。
本来レベット侵攻の拠点にするはずだったドロントが使い物にならなくなったと判断し、ゴルモア連邦最東端のスマールナルティカナルティア諸島(ゴルモアとレベットの中間地点に位置する)を侵攻の拠点とすべく要塞化を進めた。
1602年3月12日、テクスタルーレット帝国はウィール政府に宣戦を布告、他のレベット都市は「レジエント帝国の再来を防げ!」をスローガンにレベット条約の下団結した。
6月ウィール島の戦いの末ウィール島を陥落させた。
その後22年にわたりレベット侵攻の拠点としてウィール島は大発展を遂げ帝国崩壊時には世界有数の大都市へと変貌することになる。
1605年にはゲリウム鉱山の町として知られるハリナロをテクスタルーレット帝国が陥落させた。
1609年には膠着状態にあったゴルモアと停戦が結ばれ、一応の平和が訪れた。(ゲリラ活動は相変わらず続行した。)
その後レベット戦線も一進一退が続けられ、1615年にはウェットシティを陥落させ16年にはレベット連合中心都市レベットシティ郊外の戦いにより帝国軍が敗走、19年~21年に渡ってオシャン包囲戦を展開したが帝国軍が敗走した。
このようにレベット戦争の泥沼化が深刻化する中、1624年テクスタ=ルーレット総統が死去する。
そして総統の死によってレベット戦争は停戦を迎えた。

総統の死による帝国の崩壊と世界大戦の勃発(1624~1628)

このように世界規模で戦線を拡大していったテクスタルーレット帝国であったが、その一方で帝国本土は目覚しい繁栄を遂げていた。一党独裁による表現の自由は無かったが経済は飛躍的に発展し好景気が続き、またテクスタルーレット自身強いカリスマ性を持ち自身の賛美などを行わなかった。秘密警察も国家秘密や過激派の反政府勢力や敵国のスパイなどは厳しく取り締まったが表面的な政府批判などはあまり取り締まらなかった。(ただしこれは本土の話であり、エラブル植民地は悲惨な状況であった。)
しかしながら1624年に総統が91歳で死去すると、後継者争いが勃発。テクスタ自身は有能な次男のスリトーア・レ・ルーレットを後継者として指名していたが就任前日に暗殺(後にファンテットの刺客であると判明)される。そして無能な長男のファンテット ・レ・ルーレットが二代目総統に就任、彼は就任早々帝国全土に戒厳令を引き恐怖政治を開始し、自らを皇帝と名乗ったため国内の民主派が急増し、帝国軍内部でも民主派と皇帝派の真っ二つに別れ内戦が始まった。民主派革命軍はユヒガに集結し、ユヒガを首都とするルーレット共和国の樹立を宣言した。翌25年にはマーベチック王国はルーレットとの軍事同盟を破棄し、内戦への干渉を始めた。一方ゴルモアでは連邦軍が混乱に生じて北上、首都ドロントを奪還する。同じ頃レベット連合軍も停戦を破ってウェットシティへ侵攻、ここに旧帝国領の再配分をめぐっての世界大戦が勃発した。
事態を忌々しく見た帝国政府は旧植民地地域をまとめてホロエゾ国として暫定的に独立させたが、各国軍の勢いは止まらずにいた。また経済都市へと発展していたウィールは、レベット側の旧帝国領をホロエゾ国から一方的に独立した。しかしながらウィール国は建国早々レベット連合軍の攻撃によって大陸の全領土を喪失、領土はウィール本島とスマールナルティカナルティア諸島だけとなる。
また帝国政府としてもホロエゾを傀儡政権として独立したもののクーデターにより
傀儡政権はあっけなく崩壊、さらには帝国政府へと宣戦を布告し、本土への空襲を始めたのであった。
エラブル地方も南下してきたゴルモア連邦軍の支援の下独立戦争が勃発し、わずか3年で独立を達成する。
そんな最中、テクスタルーレット帝国は神聖テクスタルーレット帝国へと改称し、
更なる皇帝独裁を強化していった。
1627年にルーレット内戦は終結。ルーレットは東西に分裂することとなった。
そして世界各地での戦争も落ち着きを見せ始め、世界大戦は終結することとなった。
その後東ルーレット(神聖テクスタルーレット帝国)は
1654年に起きた皇帝暗殺事件を期にする内戦によって各国連合軍が介入して消滅
ここに74年に渡るテクスタ=ルーレット帝国が完全に滅亡した。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-02-07 (日) 01:24:14 (957d)