ファルモア作戦

第四次ルーレット戦役末期に考案された。ルーレットによるゴルモア侵攻計画
第一段階としてゴルモア国内に大量の工作員を送り込むことにより、南北対立を煽ることによって内戦を起こさせる。
内戦が勃発したら居留民の保護を建前に侵攻し、そのまま治安維持を名目に併合する計画であった。
実際には内戦までは至らず、更にマーベチックの占領政策を巡って対立が進み
対ルーレットという点で南北の利害が一致してしまったために破綻してしまった、


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-02-07 (日) 04:38:50 (1692d)