マーベチック占領政策

1456年、マーベチックの無条件降伏によってマーベチックが解体された後、ルーレットによる占領政策は過酷を極めた。
当時ルーレットの人口は約2500万であったが、王族や貴族、軍人を始めとして約10万人を処刑
元軍人など約500万人を海底トンネルの掘削や、復興のための建築など強制労働を与え50万人が亡くなった。
1457年6月に女王の処刑が決定し、それに激怒した市民は6月10日に六・一〇決起を行うが
ルーレットは反対派を一掃する機会と捉え、市民に対して執拗なまでの機銃掃射を加え
逃げ延びた者も容赦なく捕まえ処刑していった。
旧マーベチック領土の内、第三次ルーレット戦役で喪失したドノリ以北の領土は回復領とし即座に自国に組み込んだのに対し
ドノリ以南は軍による統治を続けていた。

このような武力統治も1464年に強権を揮っていたヴェルダー大統領が死去すると緩和され
正式にルーレットの一部として併合し、住民に対する権利等も与えられたが引き続き独立に関する活動は禁止され続けた。

しかしながらこの頃になると市民デモに対する発砲など手荒なことは出来なくなり、日に日に独立要求が高まるが
一向に旧マーベチック地域はルーレットの一部であり、独立することは認められないとのルーレットの主張は変わらず
最終的に1481年に独立戦争によって、独立を達成することになる。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-02-07 (日) 04:38:30 (1692d)