World Wide Adventure

WWAの世界観について

今のところ全てのWWAでは無いのですが、複数のWWAは上の世界を舞台にしています。

代表的なものでは「24LIFE」「FinalStockGame」「絶望の世紀」「マネーゲームXP」等…


これらは時代や場所がバラバラなので気がつきにくいんですが、全て同じ世界です。

・・・ですが、WWAに出てくる時代設定はごく一部であり、全貌はよく分からないと思いますが

意外と結構細かく作られており、弄んでおくのがもったいないので一気に公開します。

※このワールドマップの都市配置、路線配置は新世界暦1530年頃である。

原始世界(人類誕生~B.C.6200)

B.C.130000頃現在の人類が現れる。

古代魔法世界(B.C.6200~B.C.1)

B.C.6200頃預言者カヴールの下に神が舞い降り、魔法の力を授かる。
B.C.6100頃預言者カヴールを崇めるカヴール教が出来る。
B.C.3000頃カヴール教の中で魔族が人間を支配すべきとのガルム派が台頭
今までの人間と共存すべきとのエブル派を根絶やしにする。
B.C.2200頃中央レベット海に魔法と奴隷により建設した人工島にカヴール教の中心を移す。
その人工島を中心にスタファイム魔法王国建国
B.C.1100頃現在のオシャン近辺にエデン神を崇めるエデン教が広がり始める。
B.C.500頃エデン教がカヴール教に次ぐ勢力を持つようになる、この頃から対立が本格化
B.C.4エデン教とカヴール教との大規模な魔法戦争、終魔戦争が勃発、魔族の時代が終わりを迎える。

中世の世界(A.D.1~A.D.814)

A.D.1終魔戦争終結、魔族の90%が死亡
A.D.1魔族からの開放を記念し、新しい暦を作る。
A.D.9現人類による主導の初国家、ネザール皇国建国
A.D.108レジエント帝国建国
A.D.203ネザール皇国滅亡
A.D.225レジエント帝国によるウィール遠征、ザメラ以外の全レベット地方を制圧
A.D.242最期の魔法国家であるスタファイム魔法王国が滅亡
A.D.400頃魔族が絶滅する。
A.D.415レジエント帝国、ダラスを征服
A.D.593古ルーレット国建国
A.D.770レジエント帝国の迫害から逃れてきたマーベ族がナーザダリに漂着
700年に渡るルーレットとの紛争の始まり
A.D.775レジエント帝国、レベット地方全土を占領
A.D.781ゾルドの戦いが起きる。
レジエント帝国が初めてルーレット王国に敗れる。
A.D.795マーベチック王国建国
A.D.814リフィールの戦いにより、ダラス地方がルーレットの領土になる。
これ以降レジエントは没落の一途をたどる。

・730年の世界

近世の世界(A.D.814~A.D.1250)

A.D.820マーベチック討伐を目的としてルーレットが南進
第一次ルーレット戦役が勃発する。
A.D.879第一次ルーレット戦役終結
ルーレットは大陸南部の支配を諦める。
A.D.906ルーレット王国、レジエントの脅威の低下とマーベチックの脅威の増大により
首都をユヒガからダラスへ遷都する。
同時にルーレット帝国へと改称
A.D.1157ルーレット帝国ファスナー朝が断絶。
皇帝の座を巡り内戦へと発展する。(フォルナ内乱)
A.D.1165内乱を契機と見て、マーベチックが北侵、第二次ルーレット戦役が勃発する。
A.D.1178第二次ルーレット戦役終結
ガベッツ協定によってルーレット皇帝は、構成諸国による帝国最高会議により選出することなる。
A.D.1213レベット地方の都市ごとの独立等の条約「レベット条約」発行
A.D.1216ゴルモア帝国建国

近代の世界(A.D.1250~A.D.1456)

A.D.1251ギ・テクナーによる蒸気機関の発明
A.D.1275世界初の鉄道がナーザダリ~オガル間開通
A.D.1284エスタレスト王国、後継者争いから南北に分裂
A.D.1289マーベチックによる第一次レーメッツ王国侵攻、領土の半分を奪われる。
A.D.1292第三次ルーレット戦役勃発
新型兵器と鉄道による迅速な補給線でルーレット帝国軍を圧倒
A.D.1305第三次ルーレット戦役終結
マーベチック王国はルーレット帝国の大半の領土とゾルド鉱山の採掘権を獲得
A.D.1305ナーザダリ条約により、ホロエゾ、レッドランド、スタープスの3ヶ国が独立するが
ホロエゾ以外の2カ国はマーベチックの衛星国となる。
A.D.1308マーベチック王国よりレトン独立
A.D.1323南北エスタレスト王国、再統合
A.D.1324ウィール侵攻により、レジエント帝国が滅亡する。
A.D.1325ゾルド~ダラス間開通、ドロップ本線が全通する。
A.D.1331オルドピア研究所創業
A.D.1331ルーレット革命起こる。皇帝一族はマーベチックへ亡命
A.D.1331マーベチック、ゴルモアによるルーレット革命干渉戦争起こる。
A.D.1334ルーレット革命干渉戦争終わる。正式にルーレット共和国発足
A.D.1337エスタレスト王国とエラルストラール王国が合併し、エラルストラール=エスタレスト二重帝国になる。
A.D.1344第二次レーメッツ侵攻、レーメッツ王国が滅亡する。
A.D.1351エラブル革命起こる。ルーレットは革命側、マーベチックは皇帝側にたっての代理戦争に
A.D.1357エラブルがニフツェルト王国を併合する。
A.D.1360第一次祖国復帰戦争勃発
A.D.1367第一次祖国復帰戦争終結、マーベチックは旧レーメッツ領を失う
A.D.1419ルーレット、エラブル国境のアクア山脈を貫くアクアトンネルが掘削開始
A.D.1422飛行機が発明される。
A.D.1436ルーレットとゴルモアとの軍事同盟が秘密裏に結ばれる
A.D.1438アクアトンネル開通、世界一厳しい国境と呼ばれるようになる
A.D.1444ナーザダリ万国博覧会開催
A.D.1446マーベチック、ルーレットとの国交を断絶、ドロップ線ゾルド付近で分断
A.D.1448マーベチック租界のゾルド鉱山をルーレットが攻撃開始
第四次ルーレット戦役勃発
A.D.1455ドノリ大爆撃及び侵攻作戦により
ドノリ市民の六割が死亡
A.D.1456首都ナーザダリ陥落、事実上マーベチック王国が滅亡する。
A.D.1456フェルマン大統領急死、副大統領のヴェルダーが大統領に繰り上がる。

・1345年の世界

現代の世界(A.D.1457~A.D.1565)

A.D.1457ルーレット軍事裁判により、マーベチックの王族全員、貴族の大半が処刑
同盟国のゴルモアを始めとして抗議の声が上がる
A.D.1457エミリア女王の処刑が行われる。
反発する市民により六・一〇決起が起こるが、武力鎮圧される。
A.D.1458ゴルモア帝国、ゴルモア連邦へ改称、皇帝が退位する。
A.D.1460超特急マルニア号爆破事件、ルーレットとゴルモアの間に緊張が走る。
A.D.1464ヴェルダー大統領急死
マーベチック占領政策が緩和される。
A.D.1472ダラス~グルップリン間の海底トンネル開通
A.D.147624LIFEの舞台
A.D.1479アルバ大橋完成、オシャラン-アルバ間が鉄道で結ばれる。
A.D.1481マーベチック独立戦争、同年マーベチック王国が再独立する。
A.D.1482マーベチック=レトン友好同盟が結ばれる
A.D.1484マーベチック、世界初のロケット「アグリ1号」を打ち上げる。
A.D.1491初の人工衛星「アドラー1号」が打ち上げられる。
A.D.1496マーベチック、ルーレットの間に国交が結ばれる。
A.D.1499世界初、人類が有人宇宙飛行を達成する。
A.D.1505マーベチック、ルーレットの間に平和友好条約締結
争いの絶えぬ大陸と呼ばれたルーレット大陸に真の平和が訪れる。
A.D.1513ナーザダリ~ダラス間にリニア開通、所要時間11時間が2時間半に短縮
A.D.1527ダラス海上空港開港、高速鉄道の乗り入れも開始
A.D.1530マネーゲームVXPの舞台、オルドピア研究所、転送装置を開発
A.D.1565ダラス大震災が起こる、死者、行方不明者が250万人に登る大災害に

・1530年の世界

新代の世界(A.D.1566~A.D.1777)

A.D.1567震災の復興を第一に掲げるテクスタが台頭
A.D.1569軍事産業により奇跡的な復興を果たしたことによりテクスタの地位が不動の物に
A.D.1573テクスタ大統領就任
A.D.1576ルーレット、ホロエゾを併合
A.D.1581ルーレット共和国、テクスタ=ルーレット帝国へ改称
テクスタ大統領の地位をテクスタ終身総統に改称し、本格的な独裁体制へ突入
A.D.1588テクスタ=ルーレット帝国、アクアトンネルを超えてエラブルへ侵攻
エラブル戦争が始まる
A.D.1589マーベチック王国、ルーレット同盟を理由にエラブル戦争に参戦する。
A.D.1592エラブルシティ陥落
A.D.1595テクスタ=ルーレット帝国、ゴルモア連邦と断交、無条約時代に入る。
A.D.1596テクスタ=ルーレット帝国、グルップリンへの奇襲攻撃
ゴルモア連邦に宣戦布告、大陸戦争が勃発する。
A.D.1599北方2島を除くエラブル国全域を制圧、北方2島はゴルモア連邦へ加盟し、エラブル戦争が終結する。
A.D.1600ゴルモア、首都ドロント陥落、臨時首都をロフトに移す。
A.D.1602テクスタ=ルーレット帝国、レベット地方のウィール島に侵攻
他のレベット地方の都市はレベット条約により団結し、ルーレットに立ち向かうことを宣言
A.D.1605ハリナロ陥落
A.D.1609大陸戦争泥沼化により、停戦が結ばれる。
A.D.1615ウェットシティ陥落
A.D.1621オシャン包囲戦の末、テクスタ軍が撤退する。
A.D.1624テクスタ終身総統死去。
A.D.1624テクスタ総統の死によりレベット戦争が停戦になる。
A.D.1624テクスタ=ルーレット帝国は民主化を求める民主派と総統の息子が新総統に就任すべきとの皇帝派に分裂
大規模な内戦へと発展してゆく
A.D.1625マーベチック、ルーレット同盟を破棄しルーレット内戦へ干渉を始める。
A.D.1625テクスタ=ルーレット帝国の植民地地域を暫定的にホロエゾ国として独立させる。
A.D.1625ゴルモア連邦、内戦の鎮圧という名目でホロエゾ国に侵攻、ドロントを奪還する。
A.D.1626ホロエゾ国、テクスタ=ルーレット帝国を裏切り宣戦布告
A.D.1626ゴルモア連邦の手によりエラブル国が再独立
A.D.1627ルーレット内戦、停戦
他地域での戦闘もこの頃までには落ち着きを見る。
A.D.1635エラブルで社会主義革命、エラブル社会主義共和国になる
A.D.1654テクスタ2世暗殺事件発生、各地方の軍閥同士の内戦へ
A.D.1655内戦激化による干渉連合軍が介入し内戦が終結
旧テクスタ領はゴルモア・ルーレット・エラブルの3カ国に分割される。
A.D.1692ダラスがルーレットに返還される。
A.D.1692ルーレット宇宙軍により衛星兵器「ルーレット・ハルマゲドン・プロトタイプ」が開発される。
最終実験段階のの暴走によりエラブル南部のステリスト町が壊滅する。
A.D.1718医療技術の革新により、平均寿命が一気に90歳から140歳まで延びる。
これにより人口・老人の増大が爆発的に起きる。
A.D.1764余剰次元からエネルギーを引き出す新エネルギーの実験中の事故により
南ナルストの穀倉地帯が消滅し、世界的な食料不足となる。
A.D.1777ルーレットの誇る衛星兵器「アルト・ハルマゲドン」によりレベットのほぼ全ての都市が跡形も無く消し飛ぶ
A.D.1777レベットのロゴスドーラによる報復攻撃でダラスは壊滅、同時にルーレット共和国も消滅する。
A.D.1777ガウスドーラにより太陽光が遮られ、長い氷河期が始まる。

・1624年の世界

世界崩壊後の世界(A.D.1777~)

A.D.1800世界人口が世界崩壊前の1/3に減少する。
A.D.1831マーベチック王国とレトン国が併合、レトン=マーベチック連合王国が誕生する。
A.D.1866グリザド山の大噴火によって、ドロントが灰に埋もれる。
A.D.1918ユヒガが居住不可能の地となる。ルーレット共和国完全に滅亡
A.D.2091絶望の世紀の舞台
A.D.2158グレネスタード帝国崩壊
A.D.2172人類連合結成
A.D.2318人類連合によりレベット地方が統一される。
A.D.2462ロゴスドーラ汚染の拡大による首都ナーザダリの放棄により
レトン=マーベチック連合王国解体宣言がなされる。
A.D.2500人類種の存続を目的に「アンダー・ヘヴン」計画が始動
残された少ない土地に地下都市が建設され始める。
A.D.2813アンダーヘヴン計画、プロトタイプ都市「アークシティ」完成
A.D.28501号都市「コロネットシティ」完成
A.D.3218人類連合、目標である1万人収容地下都市を50箇所建設完了
A.D.3312地上の全土地がロゴスドーラ汚染により居住不可能となる。

・2091年の世界